ニッチ企画出版

ニッチ企画出版

■出版の意義

 現代は玉石混淆のネット情報が溢れていますが、出版には編集や校閲・校正といった第三者が介在し、「後世に残る書物」「内容への信頼感」「アナログの親和性」「情報の集約」「ブランドイメージ」など多くのメリットがあります。

■出版物の流通

 出版には「取次(とりつぎ)」という問屋がありそこを経由して書店(ネット書店も含む)へ配本されます。これ以外に直接取引やネット書店への直販もあります。また販売形態も店頭に並べて展示販売する「委託販売」と、読者が注文する「注文販売」があります。

■出版費用の内訳

 出版には「原稿料又は印税」「編集・校正費」「組版・印刷・製本」「広告宣伝費」「運送費」「取次費用」「書店営業費」「返品手数料」などが発生します。出版社はこれらの費用を回収するためには数千部以上を売らなければなりませんので、多く売れそうな書籍を出版するしかありません。

■ニッチ企画出版とは

 数千部売るためには、それに見合った読者層が必要です。しかし500部ならどうでしょうか。いわゆるニッチ市場です。
 例えば同じ趣味の同人なら500人以上集まるかもしれません。そしてその人たちに有用な情報なら購入される確立も増えます。広告も不特定多数よりもローコストで効果的に宣伝できるのではないでしょうか。

■ニッチ市場向きの内容とは

  ◎ニッチなテーマだが熱心なマニア層がいる。
  ◎特定の業界や趣味には必須の内容、求められている内容である。
  ◎サイトやメルマガを持ち熱心な読者がいる。
  ◎講演会などで販売実績がある。
  ◎学会・研究者や学生向けに販売ができる。
  ◎支援者や購入してもらえるスポンサーがいる。
  ◎著者自身が購入し販売できる。
 などです。

■「500部企画出版」の仕組み

  ◎大部数の委託販売(店頭販売)はせずに返本リスクを減らす。
  ◎数千部売るための広告や印刷などの費用を削減する。
  ◎500部以上の販売ができる「具体例」を示してもらう。
  ◎著者などに販売協力を仰ぐ。
 このような条件の下で「500部企画出版」が可能になるのです。もちろん500部以上を目指す取り組みもします。

■不向きな企画

  ◎個人的な限られた内容の文芸書。但し著者買取、同人や団体などで購入されるなら出版可能です。
  ◎編集・校正・組版などに大幅な労力がかかると予想されるもの。(原稿の完成度による)
  ◎著者による販売協力が期待できない場合。

■著者の費用負担

 これは自費出版や協力出版などではありません。500部以上販売できるであろう根拠に基づいて企画出版として判断します。

■著者印税について

 ニッチ企画出版の趣旨により、著者印税は1001部からの発生となります。印税率は内容などにより変動します。

■著者への献本部数

 著者献本は5部とさせていただきます。追加のご注文については定価の8掛(80%)となります。

2018.4


ニッチ企画フロー図

企画書ボタン ワードのファイルです